スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストの結末

昨日はほんとに疲れた

朝、テスト勉強そっちのけで、いかに早く、短い距離で行けるか
グーグルマップと手持ちの地図とで一生懸命考え、
国鉄を使って行こうと決めました。
以前にもお伝えしましたが、国鉄とトラムの駅は同じ所にあります。
今まで使わなかった理由は、
 ① 本数が少ない
 ② 最寄り駅の場所がいまいちわからない
 ③ けっか 遠くなったらイヤだ
こんなとこでしょうか。
ですが今回は、あんまり歩きたくなかったので電車でGO!の巻ッ。

12:05 家出発 
     ギリギリまで行くか行かないか迷う
     が、テストなので仕方がない。行くことにする。
12:08 近所の犬に吠えられ、早速気持ちが萎える
12:25 最初の目標地点到着
     ちょっとペースが遅い 予定では15分だった。
     公園(池がある)を通り、変なオブジェを見つける。
12:30 クラクラしてくる
     まだ行きたくない気持ちと戦っていた。
12:40 2コ目の目標地点到着
     結構歩いたのに、距離的にまだまだな感じ。
     歩きの時に使ってる"いつもの道"だったら
     半分の距離は進んでる時間。
12:43 ここから住宅地に突入
     通りの名前をチェックしながら歩かないと
     確実に迷う。
12:50 なかなか駅が見えてこないのであせる
13:02 やっと駅に到着
     13時07分発の電車に乗るか、歩いて学校まで行ってみるか悩む。
     が、時間的にムリと予想。切符を買う。1€30。
13:07 電車に乗る
13:11 駅到着
     乗車時間たったの3分。約1時間かけて駅まで行って
     乗ってる時間が たったの3分… 電車でGO!って…
     …むなしすぎる
13:17 トラムに乗る
     一応ストライキ中なのでトラムも本数が少ない。
13:30 学校に到着

無事に授業に間に合う時間に着いたし、電車にも乗ったし
良かったんだけど、時間がかかりすぎた!
国鉄を利用する時は、住宅地を抜けるより、
"いつもの道"を途中まで行って、曲がった方がかなり近かった気がします。
地図で見た感じと実際は違うんですね。

帰りは駅から、素直に"いつもの道"で… 1時間15分後、家到着。

テストはできませんでしたが、天気もよかったし
久々の運動でした。ちらほらウォーキング仲間もいたし。

ちなみに
今日先生が、ストの理由は、
お給料のことではなくて、安全面。とのことでした。

今日は平常運行!
バスとトラムの職員さん、いつもありがとうございます!

スポンサーサイト

今日はスト

今日はストです。トラムと主要路線のバスは20時まで
運行されますが、私の住んでいる所は、もちろん運休です。
トホホ。
木曜日は、9時から18時まで授業がある日。4教科。
今日に限って…て感じです。
午前の2教科は休みましたが
午後1科目がテストなので休めない。

歩きか…

一番近いトラムの駅まで1時間ちょっと。
今まで何回も歩いて行ったけど、同じ道は飽きたので
今回は違う道で行ってみます!
地図で見て、なんだか近そうな道を発見しました。
何時間かかるかな?

そういえば、

こちらでの生活の具体的な事書いてなかったなあ…
と思い、あらためて、学校のことを少し。

私が通っている語学学校は、DEFLEといいます。
私はデッフルと言ってますが、
先生たちは、"デェフル"と言ってます。 …そんな気がします。

ボルドーにある語学学校の中でも、学費が安い方だと思われます。
…今 調べたら
半年で800€でした。 
この前まで750€とかだったような気がしますが、
値上がりしたもようです。

ボルドー第3大学の敷地内にあって、
希望者は学生寮にも入ることができます。
一番安い部屋は、
トイレ、シャワー、キッチン共同。
ベット、机、ちっちゃい洗面所がついた、ちっちゃいワンルーム。
もちろん各部屋に鍵は付いてますが、寮の入り口は出入り自由なので、
寮生ではない人が勝手に入ってくることがたまにあります。
その他、シャワー、トイレ、キッチン付きの部屋、
ルームシェア感覚が楽しめる部屋など、いろんなタイプがありますが、
デッフルの寮生のほとんどの人が、ちっちゃいワンルームタイプに
住んでます。住み心地の良い部屋は希望者が多く、早い者勝ちなため
なかなか入れない!って前に寮に住んでた友達が言ってました。

学食はたくさんあります。DEFLEの学生も、学生証をもらえるので
安く食べられます。だいたいどのレストランも2.6€位からです。

…つづく



お久しぶりに…

新年が明けて、サマータイムになりました。

1月に、cave.のお客様がパリにいらしたので
私も便乗させていただきました。

やっぱり、パリはいい!
やっぱり、パリは楽しい!
でも、
やっパリ、カメラがないと…。
早く買わないと…。

せっかくの楽しい時間を撮っときたい!
お給料もらったら、速攻買う!

こっちに来て一カ月後に行った
パリの観光地。ノートルダムと
ルーヴルのピラミッド。

ノートルダム

ルーヴル



報告。

最近私が勝手に調査していることですが、
こっちの男の人の服装。
その傾向と行動パターン。

まず、若いやんちゃ系の子は
ソフトモヒカン(←これは、ほぼ100%)、
キャップ(すっぽり被らなくて、頭にちょこんとのせてる感じ)、
テカテカ光ってる素材のダウンジャンパー、
パーカーにスウェットズボン。スニーカー。
バスやトラムの中で携帯にダウンロードした
お気に入りの音楽を聞く時、
ヘッドフォンをしないまま流し、
みんなに聞かせてくれます。

そうじゃないタイプの子は、ダッフルコートに
セーター、綿パン。(お母さん:自慢の息子です。スタイル)
これは、成年男子にもみられるスタイルで、
その場合、Vのセーターに必ずシャツを着ます。
シャツはズボンにインするのが鉄則です。
履きやすそうで、つくりのいい靴。
髪型は短め。きれいに切りそろえられたえりあし。
ちょっと長めの場合、突風に襲われたのかと
心配してしまうくらいに、よこに流された前髪が印象的。
分け目の配分は個人の好みによってかえられます。

雨が降ったりやんだり…が多いので、フード付きの
コートが重宝されているようです。

この調査は、今後も勝手に続けていきます。
プロフィール

mikkyon

Author:mikkyon

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。